スポンサード リンク



ツーバイフォー


大手のハウスメーカーになると、たいてい、このツーバイフォーによる建築。ツーバイフォーだと、工期も短いですし、熟練した大工でなくても、同じ質の家を作ることができるなどのメリットがある反面、デメリットもある。ここでは、ツーバイフォーの利点、欠点について説明する。

スポンサード リンク



ツーバイフォーの利点


・地震に強い
これは阪神淡路大震災の時に立証されたのですが、この工法の家はほとんど倒壊しませんでした。

・機密性・密閉性が高い
工場で正確にカットされた部材を模型を組み立てるよう作り上げるので、機密性・密閉性が良く、断熱効果があります。密閉性が良いので虫などが入りにくいと思います。また工期も早いのが長所です。


ツーバイフォーの欠点


・結露
機密性・密閉性が高いということは逆に温度も逃げない変わりに、湿度も逃げ難いので結露などの問題が生じます。ただこれも最近は新しい素材を利用したものも出てきているので、その辺は徐々に改良されているようです。

・設計の自由度がない
あらかじめハウスメーカーの設計の雛形があって、色々なパターンの間取りから選べるようにはなっていますが、壁材その他は最初に間取りに合わせて作られているので、後からの設計変更や変わった間取りにはできません。

・耐火性能
かなり基準が厳しいのでそう悪くはありません。

(文責:山木 健)

田舎暮らしを考えている人へのトップページ

スポンサード リンク