スポンサード リンク



凍結深度とは?〜田舎に家を建てる!(体験談)


この基礎を打つ場合の最大の注意点なのですが、寒冷地の場合、冬季地面も凍ってしまいます。地表面からどのくらいまで凍るかその深さのことを凍結深度と言います。基礎はその地面が凍る深さより深くうちこまなくてはなりません。なぜかと言うと凍結深度よりも浅く基礎を入れてしまった場合、土が凍って基礎が浮き上がり建物が傾いてしまうからです。 私の山荘の建築場所で凍結深度は約70cm。この辺は地元の基礎工事業者なら必ず知っています。私の家も基礎杭は80cmほど埋まっています。冬季も家が傾くことがないので、一応実証済みです。もっとも傾いてしまったら大変なことになってますけどね。
このことで気をつけなければならないのは東京など寒冷地ではない場所の業者に建築を依頼した時です。地元の業者なら凍結深度がどのくらいということはよく知っていますが、都会の業者では気が付かない場合もあるそうです。寒冷地に家を建てる場合は特に注意しましょう。

(文責:山木 健)

田舎暮らしを考えている人へのトップページ

スポンサード リンク